ブログ運営

WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法

ワードプレスに関する記事

WordPressの管理画面にログインすると「PHのバージョンが古いですよ」みたいなエラーが表示されるサイトがありました。

このサイト(mixhostで運用)とは違いさくらのレンタルサーバで運用しているサイトです。
WordPressでのPHPが古いというエラー画面

おそらくレンタルサーバの管理画面へログインしてPHPのバージョンを確認できれば一目瞭然なのでしょうが、このサイトが運営されているさくらのレンタルサーバへのログインは許可されてません。

ということで、何かプラグインなどで対応できないかと探したところ「Query Monitor」というプラグインを見つけました。

Query Monitorプラグイン

Query Monitorプラグインプラを利用するにはWordPress公式サイトからプラグインをインストールして有効化します。

有効化すると管理画面の上部のバーに見慣れない「Query Monitor」プラグインの内容が追加されているので、そこをクリックし「環境」を選択します。
Query Monitorプラグインで見たPHPのバージョン情報

これでレンタルサーバーにログインすることなくWordPressで利用しているPHPのバージョンを知ることができました。

まとめ

レンタルサーバーにログインできなくとも「Query Monitor」プラグインを利用すればPHPのバージョンなどの環境周りの設定を簡単にしることができます。

通常は有効にしておく必要がないと思いますが、いざという時には役に立つプラグインなので、インストールしておくようにしましょう。

以上、WordPressで利用しているPHPのバージョンを調べる方法でした。