ブログ運営

Google XML Sitemapsのsitemap.xmlに手動でページを追加する方法

ワードプレスに関する記事

WordPressでの定番プラグイン「Google XML Sitemaps」。

このプラグインはWordPressサイトの内容を自動でGoogleのクローラーなどに通知するためのXMLサイトマップを自動で作成してくれます。

本来は規定値の運用でほぼ問題はないのですが、今回管理しているサイトでちょっとした問題が発生しました。

今回、ユーザーの希望でWordPressサイトのサブディレクトリにWordPressで作っていないページを公開する必要になりました。

ページを作ることは問題ないのですが、サブディレクトリに作成したページーがGoogle XML Sitemapsで作成したsitemap.xmlには含まれません。

メインページからサブディレクトリのページにリンクは作成しているので、クローラーが来ればインデックスされるとは思います。
でもちゃんと「sitemap.xml」にも含めておきたい。

ということでGoogle XML Sitemapsの設定を変更してsitemap.xmlに該当ページを入れ込みました。

Google XML Sitemapsのsitemap.xmlに手動でページを追加する

今回の件を対応しようとするとWordPressで管理していないページをトップページのsitemap.xmlに含めることが必要になってきます。

そこでGoogle XML Sitemapsプラグインの設定を見直してみました。

すると「Additional Pages」という設定項目がありますね。
Google XML Sitemapsでページを手動で追加する方法
ここでWordPressで作成していないサイトのURL、優先順位、更新頻度、更新日付を入力して保存すれば、指定されたURLがトップページのsitemap.xmlに追記されて出力されるようになります。

これであとはページを変更したタイミングで「更新日付」を修正すれば、最新の状態でsitemap.xmlが作成されます。

まとめ

今回はユーザーの都合でWordPressで構築していないページをWordPressサイトのサブディレクトリーに設置するということになりました。
でもこのような場合でもGoogle XML SitemapsプラグインのAdditional Pagesを利用すれば簡単に指定されたURLがトップページのsitemap.xmlに追記されて出力できます。

自動で更新日付を変えることはできませんが、sitemap.xmlにページがないという事態は避けれます。


以上、Google XML Sitemapsのsitemap.xmlに手動でページを追加する方法でした。