ブログ運営

WordPressでどのボタンがクリックされたか知る方法

ワードプレスに関する記事

アフィエイリトを行う上で重要なのは、どのページのどのボタンが良くクリックされるのか、または、されなのかなどを追跡しなければなりません。

そんな時に便利な機能を提供してくれるのはGoogle アナリティクスのイベントトラッキングです。

Google アナリティクスのイベントトラッキングを利用する方法は難しくないので、設定して自分のサイトの解析に役立てましょう。

Google アナリティクスのイベントトラッキング

Google アナリティクスのイベントトラッキングを利用するには当然に自分のサイトを登録する必要があります。

まだの人はGoogle アナリティクスにアクセスしてサイトを追加してください。

Googleアナリティクスのイベントトラッキングの設定

Googleアナリティクスのイベントトラッキングはクリックを計測したいリンクやボタンなどの「onClickイベント」に以下のコードを追加することでトラッキングできます。

onClick="ga(‘send’,’event’,’eventCategory’,’eventAction’,’eventLabel’,eventValue,{‘nonInteraction’:1});"

上記の各パラメータの意味は以下の通りです。
send・・・「sned」固定です。
event・・・「event」固定です。
eventCategory・・・通常はインタラクション対象のオブジェクト(例: ‘Video’)
eventAction・・・インタラクションの種類(例: ‘play’)
eventLabel・・・イベントの分類に役立ちます(例: ‘Fall Campaign’)
eventValue・・・ イベントに関連する数値(例: 42)
nonInteractionについてはこちらを参照してください。

これでトラッキングを仕掛けたボタンやリンクがクリックされるとGoogleアナリティクスの画面で「行動」→「イベント」→「概要」とたどればトラッキング結果が参照できます。

まとめ

サイトのどのページのどのボタンがクリックされたかを知ることで、サイトの構成や、記事のリライトの方針にも役立つ情報が取得できるようになります。

以上、WordPressでどのボタンがクリックされたか知る方法でした。