ブログ運営

サイトをGoogle Search Consoleに登録する方法

ブログに関する記事のカテゴリー

新規で作成したサイトはGoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンに存在を知られていません。

うまく外部リンクなどを獲得できればそのうち検索エンジンにも認識されデータベースに登録されますが、立ち上げてすぐにはそうはなりません。

少しでも検索エンジンに自分のサイトの存在を知ってもらい、データベースに登録されるようにしなければなりません。

そこで登場するのがGoogle Search ConsoleというGoogleが提供する無料のサービスです。

このGoogle Search Consoleに自分のサイトを登録することで、クローラーの訪問を促し、自分のサイトの構造も伝えることで、多くのページを検索エンジンに登録させることができます。

今回はそのGoogle Search Consoleへのサイト登録方法を解説します。

サイトをGoogle Search Consoleに登録する方法

Google Search Consoleに登録するにはGoogleアカウントが必要です。

まだ所有していない場合はまずGoogleアカウントを取得してください。

プロパティーを追加する

Google Search Consoleに登録するにはまず「プロパティー」を登録します。

これはGoogle Search Console上でサイト管理する名前やURLを管理するものです。
Google Search Consoleにログインすると左上にプロパティーを選択するコンボボックスがあります。
それをクリックすると一番したに「プロパティーを追加」という項目があるので選択します。
選択するとサイトのURLを入力する画面が表示されるので、そこへ追加するURLを入力します。
GoogleSearchConsoleにプロパティーを登録する(URL入力)

所有者の確認を行う

URLを入力すると次に「所有者」を確認する作業に移行します。
GoogleSearchConsoleにプロパティーを登録する(所有者確認)この画面で表示される方法で、登録者が本当にサイトの所有者かどうか確認が行われます。
確認方法には

  1. HTMLファイル
  2. HTMLタグ
  3. Google Analytics
  4. ドメイン名プロバイダー

がありますが、通常は「HTMLファイル」か「HTMLタグ」で行います。
「HTMLファイル」は指定されたファイルをサイトのトップフォルダーにアップロードし、確認ボタンを押します。
「HTMLタグ」は表示されたタグをトップページのheadタグにコピーし、確認ボタンを押します。
これで内容が正しければ所有者の確認が終了します。
GoogleSearchConsoleにプロパティーを登録する(所有者確認OK)

xmlサイトマップを送信する

最後に追加したプロパティーに「xmlサイトマップ」を、Google Search Consoleに登録します。
サイトマップは
GoogleSearchConsoleにプロパティーを登録する(XMLサイトマップ登録)
に通常は「sitemap.xml」と入力します。
※WordPressで作成されたサイトではプラグインを利用して自動でXMLサイトマップを作成する機能があります。
くわしくは以下の記事の「Google XML Sitemaps」の項を参照してください。

ワードプレスに関する記事
WordPressおすすめプラグイン17個WordPressはプラグインと呼ばれるプログラムを組み込むことで簡単に機能を追加することができます。当サイトが実際利用しているおすすめWordPressプラグインです。...

まとめ

以上で新規に作成したサイトをGoogle Search Consoleに登録することができました。

このあとは、登録されてるサイトの数や、検索順位、サイトのエラー情報などが見れるようになります。
登録自体は決して難しくないので、新規サイトを作成したら必ず登録するようにしましょう。

以上、サイトをGoogle Search Consoleに登録する方法でした。