ブログ運営

WordPressを安全にカスタマイズできるプラグインCode Snippets

ワードプレスに関する記事

WordPressでサイトを運営しているとちょっとしたカスタマイズを行いたい時が出てきます。

WordPressのカスタマイズはPHPというコンピュータ言語でfunctions.phpというファイルに記述することが多いのです。

でもこのfunctions.phpはちょっとした間違い(文法エラーやロジックミスなど)があると最悪、管理コンソールが真っ白なページになるという恐ろしいことに。

そんな危険を回避してくれるのが今回紹介するCode Snippetsプラグインです。

死神くん
死神くん
WordPressカスタマイズしたら管理画面が真っ白ってよくなるよねー。

色白おばけ
色白おばけ
ありすぎて慣れた感もあるけど。

死神くん
死神くん
functions.php触るの怖すぎー

色白おばけ
色白おばけ
そんな時はCode Snippetsプラグインを使うと安心してカスタマイズできるよ。

WordPressを安全にカスタマイズする方法

WordPressを安全にカスタマイズする方法はfunctions.phpにPHPでソースを追加する際はCode Snippetsプラグインをインストールして、そこでカスタマイズのソースを管理することです。

Code Snippetsプラグイン

Code SnippetsプラグインはWordPress管理画面の「プラグイン→新規追加」画面でCode Snippetsと検索するとインストールすることができます。
codesnippetsプラグインのインストール画面

Code Snippetsプラグインを有効にすると
Code Snippetsメニュー選択
と管理画面で選択できるようになるので、そこから「Add New」を選択します。

Code Snippetsプラグインの登録画面では
CodeSnippets入力画面

  1. コードのタイトル
  2. ソースコード

を最低限入力して保存します。

これでWordPressのfunctions.phpに指定したPHPのソースコードが追加されます。

Code Snippetsプラグインがエラーを検知すると以下のようにエラーが発生している行に赤い「X」が表示されます。
Code Snippetsがエラーを検知した画面
上記ではエラーを起こすためにわざと「{」を消して、3行目に全角の空白を入れてあります。

それでも無理矢理登録すると
Code Snippetsでエラーを強引に登録した時の画面
のようにブラウザーに表示されコードは登録できません。
ブラウザーの戻るボタンで戻ってエラーになったコードを修正しましょう。

まとめ

Code SnippetsプラグインはWordPressのカスタマイズで必須のfunctions.phpへのPHPソース追加を安全に行ってくれるプラグインです。

色白おばけ
色白おばけ
安全とは言えWordPressをカスタマイズする際は必ずfunctions.phpをバックアップしてから行いましょう。

以上、WordPressを安全にカスタマイズできるプラグインCode Snippetsでした。