ブログ運営

ワードプレスでプラグインやテーマに頼らずにメタディスクリプションを設定する方法

ワードプレスに関する記事

descriptionはGoogleの検索結果にも表示され、クリック率を左右する重要なものです。

WordPressでは通常プラグインで管理したり、テーマで管理しますが、それではテーマを変えるたびに再度設定するなど面倒です。

今回はテーマやプラグインに頼らずにdescriptionを管理する方法です。

SEO的にも有利なので必ず書きましょうと言われるのが「メタディスクリプション」です。

最近ではプラグインやWordPressテーマで自動で作ってくれることが多くなってきました。

でもとある理由からプラグインを止めたりWordPressのテーマを変えると設定がなくなり、再度設定する手間が増えたり。

それでは困るので何とかならないかと調べるとありました。

プラグインやテーマに影響されない方法が。

プラグインやテーマに頼らずにメタディスクリプションを設定する方法

WordPressでプラグインやテーマに頼らずにメタディスクリプションを設定するにはPHPでコーディングする必要があります。

Googleで検索すると出てきました。

今回はこのコードをちょっと変更して「header.php」なのどの変更をしなくてもいいようにヘッダー読み込み時にフックされるように改造しました。

//アクションの追加
add_action('wp_head','my_description');

といっても元のソースに1行追加しただけですが。

まとめ

プラグインやテーマに頼らずにメタディスクリプションを設定する方法はfunction.phpにソースを追加することで実現できます。

作業の前には必ずfunction.phpのバックアップを取ってから行うようにしてください。

以上、ワードプレスでプラグインやテーマに頼らずにメタディスクリプションを設定する方法でした。