ブログ運営

簡単にWordPressを高速化する方法

ワードプレスに関する記事

WordPressで運営しているサイトの表示速度、気にしていますか?

実はサイトの表示速度は速ければ速いほど有利に働きます。

少し前になりますがGoogleが調査した結果を見てください。


上記のサイトによると

  • 表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇
  • 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇
  • 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇
  • 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇

表示速度が遅くなればなるほど、サイトの離脱率が上昇するという調査結果が出ています。
サイトの表示が始まって5秒経過しても表示されないと90%の人はサイトから離脱するということです。

せっかく記事を読まれるチャンスがありながら、表示速度が遅いということで大きなチャンスを逃してしまう可能性があります。

このことからWrodPressの表示速度は速い方がいいということになります。

ではどうやってWordPressを高速化していくのかというこを解説していきたいと思います。

簡単にWordPressを高速化する方法

さて、一口に「WordPressを高速化する」と言ってもどこを、どうすれば速くなるのかを把握していなければ、対策が立てれません。

そこで、サイト運営者側でWordPressを速くすることが可能なポイントはどこなのか考えてみました。

まず、皆さんがブラウザー(Microsoft EdgeやInternet Explore、Google Chromeなど)からURLをクリックしてから、コンテンツが表示されるまでの大まかな流れを確認します。

サイトが表示される仕組み
  • Step1
    ブラウザーから要求
    Microsoft EdgeやInternet ExploreなどのブラウザーでURLがクリックされる
  • Step2
    サーバーが要求を受信
    サーバー側で要求を受信し、WordPressに指定されたコンテンツを作成を指示
  • Step3
    WordPressがコンテンツ作成
    WordPressが指定されたコンテンツに必要な情報をデータベースから取得し、コンテンツ作成
  • Step4
    サーバーがコンテンツ転送
    サーバーが要求のあったブラウザーに対し、作成されたコンテンツを転送
  • Step5
    ブラウザーがコンテンツ表示
    サーバーから転送されたコンテンツのHTMLを解析しブラウザー上に表示

この流れからサイト運営者側で対応できるのは

WordPressを速くするポイント

  1. サーバーを速くする
  2. コンテンツ生成を速くする
  3. コンテンツ容量を少なくして速くする
  4. コンテンツ表示速度を速くする

ということで、この4点に絞ってWordPressの高速化をしていきます。

ポイント1.サーバーを速くする

多くの人はWordPressをレンタルサーバーを借りて運用しているのではないでしょうか。

このレンタルサーバーを提供する会社は多くあるので、どれを選ぶかがカギとなってきます。

高速のレンタルサーバーを選ぶ基準は以下の2つで考えます。

  1. 通信速度を速くする
  2. データベースの読み込みを速くする

通信速度を速くする

通信速度とは1秒間にどれだけの情報を送信できるかという数字であらわされています。

例えばレンタルサーバー界で最も人気のレンタルサーバーの1つ「エックスサーバー」では942Gbpsと表記されています。

これは1秒間に「‪7,536,000,000,000‬」ビット(1ビットはコンピュータが扱える情報の最小単位)の情報をやり取りできるということです。

この数字が大きいほど「通信速度の高速」なサーバーになります。
(ただし、ネットワーク回線は他のユーザーと共有しているので、すべて自分が使えているわけではありません。)

SSD対応のサーバーでデータベースの読み込みを速くする

WordPressはユーザー(ブラウザー)から要求があったタイミングで記事を生成します。

記事を作成するのに必要な情報はデータベースに記録されており、その情報から記事を作成します。

ここで問題になるのがデータベースの読み込み速度です。

これが遅いとコンテンツを生成するのに時間がかかり、結果としてWordPressが遅く感じます。

最近ではレンタルサーバー会社はデータベースが保存されている装置をこれまでの「HDD(Hard Disk Drive)」から「SSD(Solid State Drive)」に切り替えてきています。
(一般的にSSDはHDDよりデータを高速に読み込むことができます。)

これによりデータの読み込み時間が少なくて済み、結果としてWordPressの高速化が図れます。

レンタルサーバに関する記事のカテゴリー
SSD搭載のWordPressが速いレンタルサーバーでユーザー離脱を防ぐレンタルサーバーが遅くサイト表示までに時間がかかると訪問者が離脱する可能性が高まります。できるだけWordPressが高速で動作するレンタルサーバーでサイト運営は行いましょう。...

ポイント2.コンテンツ生成を速くする

WordPressのサイトは動的に(ブラウザーから要求を受けたタイミングで)表示すべきコンテンツを作成します。
(静的にファイルを作成してサーバーに置いているわけではありません。)

そのためサイトが表示さる前には必ず「コンテンツ生成」という手順が発生します。

コンテンツを再利用する

この必ず発生する「コンテンツ生成」を毎回行わないようにする方法があります。

それが「キャッシュ」という方法です。

これは一度作成したコンテンツ(記事)を一定時間保存して置き、そのキャッシュがある間は、記事を生成するのではなくキャッシュをユーザーに読ませるようにする仕組みです。

キャッシュを行えばコンテンツ(記事)を作る時間が0になるのでWordPressの高速化が図れます。

このキャッシュを行うにはさまざな方法があるのですが、WordPressではプラグインで実現するのが一般的です。

主なキャッシュ系プラグイン

  • W3 Total Cache
  • WP Fastest Cache
  • WP Super Cache
  • LiteSpeed Cache(Litespeed WEBサーバー専用)

キャッシュ系のプラグインはテーマやほかのプラグインと相性が悪い組み合わせがあるので、導入にはテスト環境でテストしたのち導入することをオススメします。

ポイント3.通信容量を少なくして速くする

WordPressがコンテンツを作成し、サーバーがブラウザーへデータを返すのですが、あまり大きなファイルをやり取りするとそれだけで時間がかかってしまいます。

そこでWordPressを高速化する際には必ず「通信容量」の削減も検討しなければなりません。

通信容量の削減ポイント

  1. 画像のサイズを圧縮する
  2. HTMLファイルやJavascriptファイルなどのソースファイルのサイズを圧縮する

画像のサイズを圧縮する

サイトの見栄えや、わかりやすい説明を行うのに必須なのが画像や写真なのですが、実はこれらのファイルは解像度が高くなればなるほど、ファイルサイズが大きくなります。

そこでWordPressには画像サイズを圧縮してくれるプラグインがいくつかあるので、導入しておくべきです。

主な画像サイズ圧縮系プラグイン

  • EWWW Image Optimizer
  • Compress JPEG & PNG images

ソースの容量を減らす

実はHTMLやJavascriptのファイルも圧縮するとWordPress高速化に役立つことがあります。

手動ではできないのでプラグインを導入してソースファイルの圧縮を行います。

主な画像サイズ圧縮系プラグイン

  • Autoptimize

ソースファイル圧縮系のプラグインはテーマやほかのプラグインと相性が悪い組み合わせがあるので、導入にはテスト環境でテストしたのち導入することをオススメします。

ポイント4.コンテンツ表示速度を速くする

WordPressテーマの中にはHTMLのお作法が守られておらず、ブラウザーが表示するのに時間がかかるようなHTMLを出力するテーマがあります。

そのようなテーマを使うといくらサーバーを速くして、コンテンツが速く作成されても意味がありません。

WordPressテーマには無料、有料を問わず「表示速度」を速くする工夫がされたものが数多くあるので、そのようなテーマを利用することが重要です。
以下は当サイトオススメの高速WordPressテーマです。

テーマ名 利用料金 複数サイト
Cocoon 無料
Simplicity2 無料
Godios. 無料
Luxeritas WordPress Theme 無料
STINGER8 無料
AFFINGER5(WING対応) 14,800円
SANGO 10,800円
JIN 14,800円
Diver 17,980円

まとめ

WordPressの高速化はユーザーにとっての利便性向上やSEO的にマイナスになる点を払拭してくれる方法の1つです。

サイト運営が長くなればなるほど、導入しにくくなるものがあるので、できるだけ早い段階でWordPress高速化は行っておくべきです。

以上、簡単にWordPressを高速化する方法でした。

おすすめWordPressテーマ
THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。
ザ・トールは、国内トップクラスのWEBデザイナー・SEOコンサルタントであるFITが長年培ってきたノウハウのすべてを注ぎ込んだ国内最高峰のWordPressテーマです。
【ザ・トールの特徴】

  1. 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい
  2. おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  3. アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載
項目名
価格 14,800円(税別)
サポート インストール前:「インストールマニュアル(1ページ)・安心メールサポート」
インストール後:「操作マニュアル(100ページ以上)・会員フォーラム・QAコーナー」
複数サイト 利用可能

【圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすい】 THE・THOR(ザ・トール)

BRIDGEは記事コンテンツの価値を高め広告収入をUPさせる新しいアフィリエイト専用WordPressテーマです。ランキング・比較・口コミ・レビューサイトなど、アフィリエイトに特化して開発された「BRIDGE」は、検索者と有益な商品・サービスを提供する事業者との架け橋となり本物の価値あるコンテンツを配信するアフィリエイターの広告収入をアップさせます。
おすすめ度
価格 19,800円(税込)
サポート メールにて受付
複数サイト 利用可能

BRIDGE

FAMOUSは個人の認知度と価値をあげることのできる個人向けブランディングサイトに最適なWordPressテンプレートです。
SNSよりもさらに上にいける表現力を発揮できる機能やデザインセンスのあるテーマで、たくさんのライバル群から突出したい方やライバルとの差別化を図りたい方、売上を伸ばしたい方などにおすすめする「パーソナル・ブランディング」のWordPressテーマです。
おすすめ度
価格 25,800円(税込)
サポート メールにて受付
複数サイト 利用可能

FAMOUS