ブログ運営

WordPressでカテゴリーごとに定型文を挿入する方法

ワードプレスに関する記事

WordPressでカテゴリごとに記事の最後に異なった定型文を挿入するにはfunctions.phpにコードを追加することで簡単に対応できます。

ただし、functions.phpの編集は必ずバックアップを取ってから慎重に行いましょう。

WordPressでカテゴリーごとに定型文を挿入する

該当の記事がどのカテゴリーを保持しているかをin_category関数で確認して、各カテゴリーごとの定型文を記事の最後に付加します。

functions.phpに以下のコードを追加します。

function add_bottom_content( $content ) {
    $output = '';
    if ( in_category( '表示したいカテゴリーのスラッグ1' ) ) {
        $output = '<p>ここに表示したい定型文</p>';
    } else if ( in_category( '表示したいカテゴリーのスラッグ2' ) ) {
        $output = '<p>ここに表示したい定型文</p>';
    }
    if ( $output ) {
        $content .= $output;
    }
    return $content;
}
add_filter( 'the_content', 'add_bottom_content' );

カテゴリーごとに「else if ( in_category( ‘表示したいカテゴリーのスラッグn’ ){」の部分を増やしていきます。

カテゴリースラッグはカテゴリ名ではなく「スラッグ」と書かれている部分です。
ワードプレスのカテゴリースラッグの調べ方
このサイトでは上記のようになります。

まとめ

記事のカテゴリーごとに定型文を記事下に追加することはfunctions.phpにコードを追記することで簡単にできます。
(ただしfunctions.phpの編集はバックアップを取って慎重に行ってください。)

以上、WordPressでカテゴリーごとに定型文を挿入する方法でした。