ブログ運営

ロリポップでWordPressサイトをhttps(SSL)化する方法

ワードプレスに関する記事

レンタルサーバーのロリポップで運用しているWordPressサイトをhttps(SSL)化する方法です。

最近ではサイトをSSL化していないと検索順位が落ちるとかブラウザーによっては「保護されてません」などとメッセージが出るなど、サイトをSSL化する流れになっています。

ロリポップレンタルサーバーではWordPressをSSL化のは難しくないのでこれを機会にSSL化を進めましょう。

ロリポップでWordPressサイトをhttps(SSL)化する方法

ロリポップでは無料のSSL証明証「Let’s Encrypt」を使って簡単にWordPressサイトをSSL化することができます。

SSLとはSecure Sockets Layerの略でインターネット上で情報を暗号化し安全な通信を提供するプロトコルのこと。

ロリポップでWordPressサイトをhttps(SSL)化する手順
  • Step1
    ロリポップの管理画面にログイン
    ロリポップの管理画面にログインして「セキュリティー」→「独自SSL証明書導入」を選択。
  • Step2
    https(SSL)化するドメイン選択
    https(SSL)”化するドメイン選択し、設定ボタンを押下。
  • Step3
    WordPressの管理画面へログイン
    WordPressアドレスとサイトアドレスをhttpからhttpsに変更。
  • Step4
    .htaccessを編集
    ロリポップFTPで.htaccessを編集。

Step1.ロリポップの管理画面にログイン

ロリポップの管理画面にログインしてロリポップの管理画面で独自SSLを設定します。
「セキュリティー」→「独自SSL証明書導入」を選択します。

Step2.https(SSL)化するドメイン選択

Step1.が終了すると「独自SSL(無料)」という欄がありそこに「SSL保護されていないドメイン」というタブがあるので選択します。

まだSSL化されていないドメインが表示されるので、チェックをつけて設定ボタンを押します。

設定後すぐは「SSL設定作業中」になります。
5分ほどすると「SSL保護有効」となり「SSLで保護されているドメイン」に移動されます。

Step3.WordPressの管理画面へログイン

SSL化したいWordPressの管理画面から「設定」→「一般」を選択します。

そこにある「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」を「http」から「https」に変更しいて保存します。

Step2のロリポップのSSL作業が終了(「SSL保護有効」になってから)後作業を行ってください。
終了前に作業をすると管理画面にアクセスできなくなります。(「SSL保護有効」になるとアクセスできるようになります。)

Step4.「.htaccess」を編集する

このままでは「https」でサイトにアクセスするとHTTP403エラー「指定されたページへのアクセスは禁止されています」が表示されます。
ロリポップFTPからサイトのトップフォルダーにアクセスし「.htaccess」に以下の行を追加します。

order allow,deny
allow from all

.htaccessを編集する前に必ずバックアップを取って作業を行ってください。
最悪サイトにアクセスできなくなります。

まとめ

レンタルサーバーロリポップでWordPressサイトを無料SSL化するのは難しくありません。

サイトの安全性をアピールするためにもできるだけ早くSSL化を行いましょう。

ロリポップレンタルサーバー
おすすめ度
初期費用 1,500円
月額利用料 300円~
ディスクスペース 50GB~(SSD)
独自SSL Let’s Encrypt利用で無料
お試し期間 10日間

WordPress簡単設置!ロリポップ!レンタルサーバー

以上、ロリポップでWordPressサイトをhttps(SSL)化する方法でした。