ブログ運営

WordPressをhttps(SSL)対応でインストールする方法~mixhost

ワードプレスに関する記事

レンタルサーバーmixhostでWordPressをhttps(SSL)対応でインストールするのは非常に簡単です。

本来必要であるはずの.htaccessファイルの編集も不要ですし、難しい設定はありません。

インストール時にプロトコル選択で「https://」を選択するだけでSSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料で利用できます。

WordPressをhttps(SSL)対応でインストールする

mixhostでWordPressをインストールするには以下の手順で行います。

WordPressをhttps(SSL)対応でインストールする

  1. cPanleにログインする
  2. インストールするアプリのWordPressを選択する
  3. 「InstallNow」ボタンを押す
  4. インストールするドメインをhttpsで選択する
  5. サイト名、管理名などを入力してインストールを実行する
  6. サイトにログインしてReally Simple SSLプラグインを有効化する

cPanleにログインする

cPanelにログインするにはmixhostの公式サイトから「マイページ」→「有効なサービス」→「cPanelにログイン」からログインすることができます。
みxほstでのcPanelへのログイン画面

インストールするアプリケーションを選択する

次にインストールするアプリケーションでWordPressを選択します。
mixhostでWordPressをインストールする手順その1
選択すると以下の画面が表示されるので「InstallNow」を選択します。
mixhostでWordPressをインストールする手順その2

httpsを指定してWordPressをインストールする

ここでURLのプロトコルの選択で「https//」を選択して利用するドメイン名を選択します。
mixhostでWordPressをインストールする手順その3
ここで「https」を選択することで自動的にSSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料で設定されます。
ドメインを登録直後は「証明書がみつかりません」になりますので、しばらく時間をおいてから実行してください。

サイトのタイトル、管理者、パスワード、管理者メールアドレスを入力してインストールを実行します。

Really Simple SSLプラグインを有効化する

インストールが正常に完了すると管理画面へのログインURLが表示されるのでログインします。

管理画面の「プラグイン→新規追加」を選択して「Really Simple SSL」プラグインをインストール後、有効化します。
Really Simple SSLプラグインのインストール画面

これでmixhostにhppts(SSL)対応のWordPressサイトをインストーすることができました。

まとめ

利用するプロトコルの選択で「https://」さえ選べばmixhostでhttps(SSL)対応のWordPressサイトを構築することは難しくありません。

これで非常に高速でセキュリティー対策が取れたWordPressサイトを運用することができます。

mixhost
おすすめ度
初期費用 無料
月額利用料 880円~(36ヶ月契約の場合)
ディスクスペース 150GB~(SSD)
独自SSL COMODO利用で無料
お試し期間 10日間

詳細へMixHost
以上、WordPressをhttps(SSL)対応でインストールする方法~mixhostでした。