SEO

canonical(カノニカル)タグの正しい使い方

SEOとはサーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)のこと。

canonical(カノニカル)タグは、重複したページなどが存在する場合に正式なURLを検索エンジン側に伝えるためのlink要素の属性値です。

canonical(カノニカル)タグはページの重複を検索エンジンに伝え、正しいURLを知らせる役割を持っています。
wwwあり/なしや、AMPページ対応なので有効な手段になります。

canonical(カノニカル)タグの利用方法を間違えるとSEO的に不利に働くので理解して正しく利用しましょう。

重複したURLの解決は重要課題

Google Search ConsoleのHelpに以下の記述があります。

重複ページが生成される原因

重複ページが生成される原因は以下のようなものがあります。

  1. サーバーの設定により、www ありと www なし、http と https のような類似バージョンに対して同じコンテンツが配信される場合
  2. PCやスマートフォンなどの複数の端末種類に対応するためそれぞれのページ投稿した場合
  3. ミスなどで同一のページを複数回投稿した場合

canonical(カノニカル)タグの使い方

canonical(カノニカル)タグはHTML上の<head>タグに以下のように記述します。

<link rel="canonical" href="https://sample-site.com/sample-page-name">

canonical(カノニカル)タグの注意点

canonical(カノニカル)タグは以下のことに注意して利用します。

  • 指定するURLはアクセスできる(実在する)URLにする
  • <head>タグに記述する(<body>タグに書いても効果がない)
  • canonical(カノニカル)を複数回指定しない
  • URLは絶対パスで指定する
いちばんやさしい SEO 入門教室
  • ふくだ たみこ, 株式会社グリーゼ
  • 価格: ¥ 1,998
  • 販売者: Amazon.co.jp

以上、canonical(カノニカル)タグの正しい使い方でした。