SEO

SEO対策で重要なGoogleがサポートしているメタタグ

SEOとはサーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)のこと。

SEO対策で論議される1つに「有効なメタタグ」があるのですが、Googleはサイトの情報を検索エンジンに登録する際に利用するメタタグの種類をSearch Consoleのヘルプで公開しています。

ここに記載されているメタタグは適切に設定することが重要です。

Googleがサポートしているメタタグ

GoogleはSearch ConsoleのHelpで以下のページを公開しています。

上記サイトにあるように

メタタグは、サイトの情報を検索エンジンに提供するうえで非常に便利です。メタタグを使用して、あらゆる種類のクライアントに情報を提供できます。各システムでは、サポートするメタタグのみを処理し、残りは無視されます
TMLページの<head>セクションにメタデータを追加すると次のようになります。

サポートされていないメタタグは無視されるようです。

Googleがサポートしているメタタグとその簡単な役割

Googleがサポートしていると明記しているメタタグとその簡単な役割は以下の通りです。

サポートするメタタグと簡単な役割
<meta name="description" content="ページの説明" /> ページの簡単な説明を設定
<meta name="robots" content="…, …" />
<meta name="googlebot" content="…, …" />
クロールとインデックス登録を行う検索エンジンの動作を制御
<meta name="google" content="nositelinkssearchbox" /> サイトリンクの検索ボックスを表示しないようGoogleに指示
<meta name="google" content="notranslate" /> ページの翻訳版を提供しないようGoogleに指示
<meta name="google-site-verification" content="…" /> サイトの最上位のページに挿入でSearch Consoleの所有権確認
<meta http-equiv="Content-Type" content="…; charset=…" />
<meta charset="…" >
ページのコンテンツ タイプと文字セットを定義
<meta http-equiv="refresh" content="…;url=…" /> 一定の時間経過で新しいURLにリダイレクト
<meta name="viewport" content="…"> モバイル端末でのページの表示方法をブラウザに指示
<title>ページのタイトル</title> 技術的にはメタタグではないが、検索結果のタイトルとして表示

やはり「<meta name="Keywords" content="…">」のkeywordはサポート外になっているのですね。

まとめ

現在の「SEO対策は=Google」対策と考えて問題ないので、上記のメタタグは適切に設定するようにしましょう。

以上、SEO対策で重要なGoogleがサポートしているメタタグでした。