SEO

SEOで有利になるために書くべきheadタグ

SEOとはサーチエンジン最適化(Search Engine Optimisation)のこと。

SEOで重要なポイントを占める<head>に記述するメタタグです。

きちんと書かなければ「SEO的」には不利に働きます。

<head>に書くものは基本的にはユーザーに見えないので「おざなり」にしている企業サイトなども散見されますが、ここはきちんと書いておいた方が無難です。

<head>に記述するメタタグ

<head>に書く必須なメタタグは以下のものがあります。

文字エンコード

<meta charset="utf-8">

文字エンコードはそのページが作成されている文字コードをブラウザーに通知し文字化けを防ぐ役割があります。

タイトルタグ

<title>ページのタイトル </title>

タイトルタグはブラウザーのヘッダー部分にや検索エンジンの検索結果のタイトルに表示される重要なものです。

SEO的に重要なので必ず各ページの内容にあった独自のものを設定します。
(全ページ同じタイトルタグはSEO的にはマイナスです。)

descriptionタグ

descriptionタグはページに何が書かれてあるのかを示す説明文を書きます。
検索エンジンの検索結果にも表示される場合が多いので、適切な文章をページごとに設定します。

<meta name="description" content="ページの説明文">

Keywords

キーワードタグはページに書かれてある内容のキーワードを検索エンジンに伝える役目がありましたが、近年ではその重要性が薄れています。

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,・・・">

URLの正規化(canonical)

canonicalはサイト内でのページ重複を防ぐ重要なタグです。重複ページで検索エンジンからペナルティーを食らわないように適切に設定します。

例えば同じ記事で通常ページとAMPページのURLが異なる場合や多国語対応でそれぞれのページURLが異なる場合などはcanonicalタグを使ってそれぞれのページの内容が同じであることを検索エンジンに使えます。

<link rel="canonical" href="正規化するURL">

canonicalタグは1ページに1つのみ指定が可能です。(複数の存在はNG。)

OGPタグ/Twitterカード設定

OGPタグ/TwitterカードタグはSNSなどからのリンクの際に見栄えよくリンクされるように設定するタグです。

<meta property="og:url" content="ページのURL" />
<meta property="og:title" content="ページのタイトル" />
<meta property="og:type" content="ページのタイプ">
<meta property="og:description" content="記事の抜粋" />
<meta property="og:image" content="画像のURL" />
<meta name="twitter:card" content="カード種類" />
<meta name="twitter:site" content="@Twitterユーザー名" />
<meta property="og:site_name" content="サイト名" />
<meta property="og:locale" content="ja_JP" />
<meta property="fb:app_id" content="appIDを入力">

viewport設定

viewportは文書の表示領域を設定するタグで、スマホやタブレットのモバイル端末で最適にWeb表示させるためのレスポンシブWebデザイン適用時に必要なタグです。
レスポンシブ対応のページでは必須のタグです。

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">

meta robots

robotsタグは検索エンジンのクローラーにこのページを「登録させるのか、させないのか」、「ページにあるリンク先をたどるのか、たどらないのか」を設定するタグです。
基本的に「index,follow」を指定する場合はなくても構いません。

index,noinex,follow,nofollowの意味
index 検索エンジンにインデックスすることを許可します。
noindex 検索エンジンにインデックスすることを禁止します。
follow 検索エンジンにリンク先をたどることをを許可します。
nofollow 検索エンジンにリンク先をたどることをを禁止します。
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

まとめ

これらの<head>に書くものは基本的に必要な物ばかりで、SEOを考えた場合きちんと設定されているべきものばかりです。

ご自分のサイトのソースにもこれらのタグが設定されているか、内容は適切かを確認してみましょう。

以上、SEOで有利になるために書くべきheadタグでした。

おすすめWordPressテーマ
THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。
ザ・トールは、国内トップクラスのWEBデザイナー・SEOコンサルタントであるFITが長年培ってきたノウハウのすべてを注ぎ込んだ国内最高峰のWordPressテーマです。
【ザ・トールの特徴】

  1. 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい
  2. おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  3. アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載
項目名
価格 14,800円(税別)
サポート インストール前:「インストールマニュアル(1ページ)・安心メールサポート」
インストール後:「操作マニュアル(100ページ以上)・会員フォーラム・QAコーナー」
複数サイト 利用可能

【圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすい】 THE・THOR(ザ・トール)

BRIDGEは記事コンテンツの価値を高め広告収入をUPさせる新しいアフィリエイト専用WordPressテーマです。ランキング・比較・口コミ・レビューサイトなど、アフィリエイトに特化して開発された「BRIDGE」は、検索者と有益な商品・サービスを提供する事業者との架け橋となり本物の価値あるコンテンツを配信するアフィリエイターの広告収入をアップさせます。
おすすめ度
価格 19,800円(税込)
サポート メールにて受付
複数サイト 利用可能

BRIDGE

FAMOUSは個人の認知度と価値をあげることのできる個人向けブランディングサイトに最適なWordPressテンプレートです。
SNSよりもさらに上にいける表現力を発揮できる機能やデザインセンスのあるテーマで、たくさんのライバル群から突出したい方やライバルとの差別化を図りたい方、売上を伸ばしたい方などにおすすめする「パーソナル・ブランディング」のWordPressテーマです。
おすすめ度
価格 25,800円(税込)
サポート メールにて受付
複数サイト 利用可能

FAMOUS