MENU
アフィリエイト PR

リスティング広告(PPCアフィリエイト)は初心者には難しいのか?

アフィエイリトに関する記事
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

リスティング広告とは広告費を支払って、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に上位表示させるアフィリエイト手法です。

リスティング広告のほとんどは広告が表示されるだけでは広告費用は要らず、ユーザーにクリックされた場合のみ広告費が発生するPPC(Pay Per Click)の方式の広告になっています。
通常のアフィリエイトとは違ってアフィリエイターが広告費を払うという出費が必要です。

そのためうまく運営できないと赤字を出してしまう危険性があります。

ただ、通常のアフィリエイトのようにサイトを育てる時間が省けるので成果をすぐに出せるというメリットがあります。

初心者は広告費と成果のバランスを見極めて行う必要があるので、注意が必要なアフィリエイト手法です。

リスティング広告(PPCアフィリエイト)とは

リスティング広告(PPCアフィリエイト)とはGoogleやYahooなどの検索サイトの検索結果に表示させるアフィリエイト手法です。
※以下はYahooで「アフィリエイト」と検索した1ページ目の結果です。

リスティング広告(PPCアフィリエイト)で表示された検索結果

上記の図で「広告」と表示されているのがリスティング広告(PPCアフィリエイト)で入れ込まれた広告です。

このようにリスティング広告(PPCアフィリエイト)は広告料を払って自分で設定したキーワードで検索エンジンの結果の上位に広告を出すことができます。

検索結果で上位表示できるためクリックされ、成果へ繋がる確率があがります。

通常のアフィリエイトと異なるのは、検索結果で自分の出した広告がクリックされると「広告料」が発生します。

つまり、クリックされたあと成果に繋がらなければ赤字が発生するということです。

ここが初心者には難しいと言われるところですね。

リスティング広告(PPCアフィリエイト)は通常のアフィリエイトと違って、サイト(コンテンツ)を育てる時間が少なくて済むので、結果が出やすいアフィリエイトでもあります。

自分の出している広告が成果に繋がるのか、売れやすい(契約しやすい)ものなのか、広告の出稿費と成果がバランスが取りやすいものなのかなどが、PPCアフィリエイトで結果が出せるかどうかの分岐点です。

まとめ

リスティング広告(PPCアフィリエイト)は結果が出しやすいというメリットの反面、失敗すると赤字になるというデメリットがあります。

リスティング広告(PPCアフィリエイト)の注意点

  • 何クリックあれば成果が発生するのか?
  • 広告費が安く抑えられるか?
  • 成果が一定の金額を超えているか?
  • 競合の数は多くないか?

また、広告主によってはリスティング広告(PPCアフィリエイト)を禁止していたり、特定のキーワードでは出稿できないように制限をかけている広告主もあります。

各ASPの広告内容を確認しておく必要がありあす。

また、リスティング広告(PPCアフィリエイト)は検索上位に表示できるメリットはありますが、初心者には広告選びやキーワード選定などの難しい部分があります。

できれば、通常のアフィリエイトで結果を出して、その収益でPPCアフィリエイトに挑戦するのが良いと私は思います。

以上、「リスティング広告(PPCアフィリエイト)は初心者には難しいのか?」でした。