アフィリエイト

Google Adsenseで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」と言われた時の対処方法

アフィエイリトに関する記事

先日GoogleAdsenseの管理画面に「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」とエラーが表示されました。

正直なんだかわかりませんでしたが、調べると修正しないと収益に影響があるとかないとか。

こりゃまずい。

ということで、その対応応報を書き残します。

Google Adsenseで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」と言われた時の対処方法。

ads.txtファイルとは

そもそも「ads.txtファイル」とはどんなことをするためのふぁいるなのでしょうか。

GoogleのHELPを見ると

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。
ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。
Ads.txt に関するガイドより

難しいですが、最近、広告枠を偽装して不正なインプレッションを発生させることが増加しているようで、これらから広告主を守るために導入されたもののようです。

ads.txtファイルの設置方法

では実際に「ads.txtファイル」を設置するのですが、「ads.txtファイル」ってどうやって作ればよいのでしょうか?

答えは簡単で、Google Adsenseの管理画面に表示されているエラーメッセージの「今すぐ修正」をクリックし、次の画面で表示された「ダウンロード」をクリックしてファイルを取得するだけで済みます。
(すでに「パブリッシャーID」も追加されているので、サブドメインで運用していなければそのまま利用できます。)

あとはダウンロードしたファイルをサイトを設置しているルートディレクトリにFTPツールなどでアップロードするだけです。

このサイトの場合は、アップロードして翌日にはエラーは消えました。

まとめ

「ads.txtファイル」は必須でなないようですが、エラーが出ているのは気持ち悪いし、簡単に対応できるので、必ず対応しておきましょう。

ただ、無料ブログなどを利用しているサイトではファイルのアップロード自体ができない場合が多いので「ads.txtファイル」に関する対応は難しくなってきます。
(方法がないわけではないようですが、初心者には難しいようです。)

以上、Google Adsenseで「収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください」と言われた時の対処方法でした。