ライティング

ブログの書き方に悩んだらPREP(プレップ)法でスッキリ解決

writingに関する記事

ブログやプレゼンテーションの資料を書くのに役立つ方法に「PREP(プレップ)法」というものがあります。

文章を書く際のテンプレートとして身につけておくと、文章を書くことに悩まなくなります。

PREP(プレップ)法とは

PREP(プレップ)法とは

PREP(プレップ)法
  • P
    Point
    まず「Point(結論)」を述べる
  • R
    Reason
    次にそうなる「Reason(理由)」を述べる
  • E
    Example
    次にその「Example(事例、具体例)」を述べる
  • P
    Point
    最後に「Point(結論)」をもう一度述べる

のように「Point」「Reason」「Example」「Point」のイニシャル(頭文字)を取ったもので、この4つで文章全体をを構成して書く方法です。

この方法で書くと、簡潔で分かりやすい文章構成になるので、説得力のある文章を書くことができます。

「Point(結論)」を述べる

PREP法では、まず最初に「Point(結論)」を書きます。

ブログなどの読者は検索エンジンなどから、なんらかの疑問を持って、調べに来ていることが多いので、まず最初に「Point(結論)」を伝えます。

こうすることで、このブログやプレゼンテーションが言いたいことをを読者に先にイメージしてもらえます。

イメージしてもらえると、次に来る「Reason(理由)」や「Example(事例、具体例)」がより具体的にイメージできるように

あと、よくありますね、ブログを見に行ってもなかなか結論言わずに「ひっぱるだけひっぱって」、なんじゃそれ?みたいな。
(無駄に何行も改行だけして・・・みたいなブログ)
そういったことを防ぐためにも先に「Point(結論)」を伝えることで、読者にブログを読む、読まないを最初に判断してもらいます。

「Reason(理由)」を述べる

次に最初に述べた「Point(結論)」に至る「Reason(理由)」を述べます。

ここでは自分が出した結論に対する「なぜそう結論に至ったのか」という理由を述べます。

読者からしても、いきなり「こうです」と言われ「え?なんで?」ってなってますから、きちんとここで応えるのです。

「Example(事例、具体例)」を述べる

「Reason(理由)」を述べたあとは、具体的に例をいくつかあげます。

そうすることで、そのような「Point(結論)」に至ったことをより明確に読者に伝えることができます。

できるだけ詳しく、できれば複数の「Example(事例、具体例)」を述べるのが良いでしょう。

最後にもう一度「Point(結論)」を述べる

ここまで来て、最後にもう一度「Point(結論)」を述べます。

要するに「念押し」ってやつですね。

私はこう思います、理由はこうで、例えばこんなふうなことがあってね、だからこう思います。

みたいな論法で文章を組み立てていくのですね。

まとめ

「PREP(プレップ)法」を使うことで、文章の構成が明確になり、その形に当てはめていくだけで簡潔で分かりやすい説得力のある文章を書くことができます。

ぜにこの「PREP(プレップ)法」を身につけて、どんどんブログ記事を更新していきましょう。